ニコチン依存症は病気であるということが認識されるようになり、2006年4月から、一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

その条件は、以下の4つです。

  1. 1ニコチン依存症の判定テストが5点以上
  2. 2[1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数]が200以上
    (2016年4月より35歳未満には上記要件がなくなりました)
  3. 3ただちに禁煙を始めたいと思っている
  4. 4禁煙治療を受けることを文書で同意している

 

■ ファイザー株式会社

健康保険等を使った禁煙治療のスケジュール

12週間の中で5回診察を受けます

健康保険等を使った禁煙治療の流れをみてみましょう。

禁煙治療は12週間が基本です。その間に、診察を5回受けることになります。

治療中、最も大切なことは、医師に相談なく中断しないこと。「1度、診察を受けたから、あとは自分の力で禁煙できる」と、受診をやめる人がいますが、そうした人の禁煙成功率は低いことがわかっています。

5回の診察をすべて受けた人と、診察を中断した人の禁煙成功率を比べた調査があります。すべての診察を受けた人では、約50%が禁煙を続けており、2人に1人が禁煙に成功しています。一方、初回の診察で中断してしまった人で、禁煙が続いているのは、わずか6.5%でした。

なぜ、診察を中断すると成功できないのでしょうか。それは、中断したことによって、診察で医師のアドバイスや薬の処方が受けられなくなるためです。それだけ、一人で禁煙するのは難しいということですね。ぜひ、医師と一緒に、12週間の禁煙治療を最後まで受けましょう。

チャンピックスでの治療 〜 ニコチンを含まない飲み薬 〜

当院では、ニコチンを含まない飲み薬「チャンピックス」での禁煙治療を行っております。
以前はニコチンパッチやニコチンガムで、禁煙中、タバコの代わりにニコチンを補給することでイライラなどのニコチン切れ症状を軽くしてきましたが、ニコチンを含まない飲み薬「チャンピックス」は、ニコチンを含まず、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くするほか、タバコをおいしいと感じにくくし、禁煙へと導きます!

チャンピックスについて

チャンピックスは、禁煙の為の飲み薬です。
タバコを吸うと、脳にある【ニコチン受容体】という部分にニコチンが結合して、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。
チャンピックスは、この受容体に結合することで、ニコチンの場合より少量のドパミンを放出させて、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くします。(A)
また、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔して、禁煙中に一服してしまった時の“おいしい”といった満足感を感じにくくする(B)ことにより、禁煙を助ける薬です。

外来のご案内
外来のご案内
検査のご案内
検査のご案内
ホームヘ
ホームヘ
胃カメラについて
胃カメラについて

受付では毎月一度、保険証の提示をお願いしております。

また、保険証番号・住所・電話番号等が変わった場合にも、随時受付職員までお知らせください。

ホスティング・レンタルサーバー

当院は長野パルセイロを応援しています