■内視鏡検査

 

内視鏡検査とは、スコープを胃内に挿入して内部を肉眼的に観察し、画像として記録し、同時に病変の組織検査や、必要に応じ可能な範囲で病変そのものを内視鏡下で切除するなど、治療の領域にまで踏み込んだ検査法となっています。
一般的には、年齢の若い方ほど咽頭の反射が強く苦痛を感じる人が多いようです。内視鏡検査の際、喉に軽い麻酔剤を塗布してその反射を軽減するやり方が一般的です。
当院では安定剤を使用し楽に検査が受けられる様にしております。安定剤の種類にもよりますが、当院では現在まで副作用のでた患者さんはおりません。

■経鼻内視鏡

 

当院では、鼻から内視鏡を挿入する検査方法も実施しております。
これまで、内視鏡は口から挿入するものが一般的でした。しかし、外径が約6mmの細い内視鏡が登場し、 経鼻内視鏡検査という鼻から挿入する方法で検査が行われることも増えてきています。


風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。 これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。

 

ところが、鼻から入れる場合は内視鏡が舌のつけ根に触れないので、検査時の吐き気・不快感が大幅に軽減できます。

鼻腔の違和感以外にほとんど苦痛のない経鼻内視鏡では、のどの麻酔や鎮静剤の注射の必要はありません。鼻に少しだけ表面麻酔のゼリーを塗布するだけです。したがって、検査終了後にすぐ食事を取ることも、車の運転も可能です。口がふさがれないので、検査を受けながらの会話も可能です。

 

※ アレルギー鼻炎の方は、経鼻内視鏡をお断りすることもございます。

 

■注腸検査・大腸内視鏡検査

この検査は肛門から造影剤を入れて大腸や直腸をレントゲンで撮影したり、肛門から内視鏡を挿入して大腸を直接診る検査ですが、恥ずかしさが先に立って検査をする方が少ないようです。
しかし近年、日本人の食生活も変化し腸の疾患が急増している状況です。
下痢や便秘が慢性的につづいている様な方は症状が進む前に当検査をおすすめします。
便潜血反応陽性の場合は、大腸がんの早期発見のためにも大腸の検査が必要です。また、ポリープなどの内視鏡的切除も積極的に行っています。

■CTスキャン

最高速マルチヘリカルCTで高水準の精密検査が受けられます。この装置は、瞬時に細かく4断面(スライス)が同時に撮影できる最高水準のマルチスライス技術を搭載しておりますので、撮影時間の大幅な短縮が可能になり、最高のレベルの検査が行えます。
頭部、胸部、腹部等全身の断面像(輪切り)や立体像(3D)の鮮明な画像が得られ、寝台に楽な姿勢で寝ていただき、安心して検査を受けていただけます。

■体外衝撃波結石破砕術

尿管結石(腎・尿管・膀胱)をお腹を切らずにX線で確認し、微調整しながら体外から衝撃波をあてて細かく砕き、体外へ排石させる苦痛の少ない安全な先進医療です。当院では、尿路結石が保険適用となっています。

 

 

外来のご案内
外来のご案内
胃カメラについて
胃カメラについて
ホームへ
ホームへ
禁煙外来へ
禁煙外来へ

受付では毎月一度、保険証の提示をお願いしております。

また、保険証番号・住所・電話番号等が変わった場合にも、随時受付職員までお知らせください。

ホスティング・レンタルサーバー

当院は長野パルセイロを応援しています